Apple Store(Japan) Sony Style(ソニースタイル)ウィルコムストアアフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ

2007年08月09日

[Zaurus] SL-C3200設定変更覚書 8月9日版

さて、前回NANDバックアップをとったZaurusSL-C3200君ですが、
「pdaXromを導入する前に、MicroDriveも使えるようにしておいた方が便利かな」
という事で、今回はCreativeMuvo2から取り出したMicroDriveを認識させようと思います。
ちなみに容量は5GBでした。

とは言うものの、正確には「システム情報」を確認すると認識だけはしている模様。
#タスクバーにもCFのマークも出てます
そういう訳で、「マウントさせれば良いのか?」と方向付けました。

まずは、フォーマットしたりパーティション分けするか…と。
「fdiskが入ってない!!」

はい、ツール入れてませんでした。
Zaurus Archives:Downloads
こちらから、[armutils_arm_1.ipk]をダウンロードしてインストールします。
インストール方法は書かなくても大丈夫ですよね??

無事にfdiskが使用出来るようになったため作業再開です。
#実はメンテナンス用コンソールを起動するとfdiskが使えたりしたらしい
#参考までに。【Zaurus】pdaXrom導入(改) Part1【SL-C3100】

ここからの作業はターミナルで実施します。

・ルートユーザに変更
# su

・MicroDrive認識確認
# mount
 内蔵ディスクとMicroDriveのマウントを確認します。
 /dev/hda1 on /hdd1 の出力があれば、内蔵ディスクは/dev/hda になります。
 /dev/hdc? on /usr/mnt.rom/cf の出力があればMicroDriveは/dev/hdc になります。
 これからフォーマット・パーティションを変更するので、アンマウントしておきます。
 マウントされてなければアンマウントは不要です。
 ちなみに、くれぐれも内蔵ディスクをアンマウントしないように。( ;^ω^)
# umount /usr/mnt.rom/cf

・MicroDriveのパーティション削除
# fdisk /dev/hdc
 MicroDriveのパーティションを削除します。
 "m"でヘルプが出せるので、なんとなく分かるとは思います。
 "d"の削除を選択し、1〜あるだけのパーティションを削除します。
 "w"のパーティション情報の書き込みを最後に実行します。

・MicroDriveのパーティション作成
# fdisk /dev/hdc
 新しくMicroDriveにパーティションを作成します。
 今回は5GBのマイクロドライブで、差し替えでWindowsでも認識させたいので
 5GBを一つのパーティションにし、FAT32で使用する方向で進めます。
 "n"で新規パーティション作成を選択し、その後"p"でプライマリパーティション作成を選択、
 "1"でパーティション1の作成を選択、開始シリンダーと終了シリンダーは[Enter]のみでDefaultを選択します。(どちらもDefaultを選択する事で最大容量を割り当てます)
 "w"のパーティション情報の書き込みを最後に実行します。

・ファイルシステム作成
# mkfs.vfat -F 32 /dev/hdc1
 割り当てたhdcのパーティション1(=/dev/hdc1)のファイルシステムを
 想定通りFAT32にてファイルシステム構築します。

以上でMicroDriveをZaurus(&Windows)で使用出来るようにしました。
確認として、一度MicroDriveを取り外し、再度挿入して認識&自動マウントするか確認して下さい。

さて、大容量の取り外し可なストレージも使えるようになったので
次回くらいにはpdaXromのデュアルブートの構築が出来ると良いなぁ、と考えてます。
posted by panda38 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。